新宿高層ビルが中野に大雨を

ニュースを読んでいたら「高層ビル群の風下の地域は、局地的な大雨が多発する傾向がある」という記事を発見した。

高層ビル群は山岳地帯、雨雲発達…局地的大雨呼ぶ 首都大学東京分析/産経新聞2008.5.17

風が高層ビルにぶつかって上昇気流となり、短時間で雨雲が発達しやすいのだそうだ。そして、東京都心の高層ビル群の風下では、局地的な大雨が多発する傾向があるらしい。夏季11年間の調査の結果、「東風のときは新宿の西側の中野区で強い雨が降る回数が最も多かった」とのこと。

風向きに注意を向けていれば、自分でも近所の大雨予測ができるかも?
[PR]

by life-toritsukasei | 2008-05-24 12:09 | ニュース  

<< 七彩&江戸甘 パワーアップFUNDEEでグリ... >>